産経WEST

三重・中3女子死亡事件、19歳少年に懲役5~9年 強固なわいせつ目的認定 遺族の父「納得できぬ」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


三重・中3女子死亡事件、19歳少年に懲役5~9年 強固なわいせつ目的認定 遺族の父「納得できぬ」

 三重県朝日町で平成25(2013)年8月に中学3年の女子生徒=当時(15)=をわいせつ目的で襲い、窒息死させたとして強制わいせつ致死と窃盗の罪に問われた少年(19)の裁判員裁判の判決で、津地裁は24日、懲役5年以上9年以下の不定期刑を言い渡した。検察側は5年以上10年以下の不定期刑を求刑していた。

 増田啓祐裁判長は判決理由で、動機は強固なわいせつ目的と認定。「犯行は悪質。計画的とはいえないが、保護処分が認められる事情はない」と懲役刑を選択した理由を述べた。ただ、罪を認めて謝罪していることや、矯正する可能性があることを踏まえ、求刑を下回る判決とした。

 裁判には女子生徒の両親も参加。父親(46)は判決後、記者会見を開き「納得できない判決だ。裁判では、娘の最期の様子も分からなかった。検察は控訴してもらいたい」と述べた。津地検の柴田真・次席検事は「求刑を下回っており、控訴するか慎重に考えたい」と話している。

続きを読む

「産経WEST」のランキング