産経WEST

シー・シェパード幹部を入国拒否 和歌山県太地町で悪質な嫌がらせ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シー・シェパード幹部を入国拒否 和歌山県太地町で悪質な嫌がらせ

反捕鯨団体シー・シェパードは南極海でも日本の調査捕鯨船を追跡、妨害しようとしており、今月4日には妨害船「オーシャン・ウォリアー」がオーストラリアから出発した=11月、メルボルン(共同) 反捕鯨団体シー・シェパードは南極海でも日本の調査捕鯨船を追跡、妨害しようとしており、今月4日には妨害船「オーシャン・ウォリアー」がオーストラリアから出発した=11月、メルボルン(共同)

 和歌山県太地町で行われているイルカ漁をめぐり、現地で妨害活動を続けている反捕鯨団体シー・シェパード(SS)の幹部が関西国際空港で入管当局に拘束され、入管難民法の規定に基づき、入国拒否の措置を受けていたことが10日、分かった。SS幹部は訪日目的を「観光」などと申請。法務省はこの幹部がすでに太地町で妨害活動を行った過去があることなどから、虚偽の可能性が高いと判断、入国を拒否した。

 関係者によると、この幹部は9日に入国を試みたが拘束され、10日夜、関空から出国したという。

 警察庁などの調べによると、この人物はSS英国支部の幹部で、SSがかつて南極海で日本の調査捕鯨船を妨害した際に加わった船舶の船長を務めており、SSの創設者で国際手配されているポール・ワトソン容疑者(66)の側近とされている。

 幹部は今年9月のイルカ漁解禁にあわせて来日し、11月下旬まで太地町に滞在。太地町でのSSのイルカ漁妨害キャンペーンのリーダーとして数人の外国人活動家を率いて、漁師らを無許可で撮影した写真をネット上に掲載するなどの嫌がらせを行っていたという。

続きを読む

「産経WEST」のランキング