産経WEST

【大阪「正論」懇話会】憲法改正の必要性「服で例えれば『既製品』。使えるが誇れるものではない」ケント・ギルバート氏

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪「正論」懇話会】
憲法改正の必要性「服で例えれば『既製品』。使えるが誇れるものではない」ケント・ギルバート氏

大阪「正論」懇話会 第45会講演会で講演する米カリフォルニア州弁護士でタレントのケント・ギルバートさん=8日午後、大阪市北区の帝国ホテル大阪(奥清博撮影) 大阪「正論」懇話会 第45会講演会で講演する米カリフォルニア州弁護士でタレントのケント・ギルバートさん=8日午後、大阪市北区の帝国ホテル大阪(奥清博撮影)

 大阪「正論」懇話会の第45回講演会が8日、大阪市北区の帝国ホテル大阪で開かれ、米カリフォルニア州弁護士でタレントのケント・ギルバート氏が「反省すべきは戦前より戦後だよ! 日本の『平和』は粉飾だらけ」と題して講演した。

 安倍晋三首相が26、27両日に米ハワイの真珠湾を訪問してオバマ大統領と戦争犠牲者を慰霊することに関し「安倍さんに謝ることを要求するのはばかげたことだ」と指摘。訪問は謝罪ではなく、今後の日本、日米関係の発展などを重視したものであるべきだとした。

 また、日本国憲法について「服で例えれば『既製品』だ。使えるけれども誇れるものではない」と述べ、改正を求めた。憲法の問題としては「どうやって国を守るかが書いていない」ことを挙げたほか、「9条が生存権の規定を台無しにしている」と強調した。

 日本の戦後教育については「(連合国軍総司令部が進めた)公職追放や教育改革などによって、日教組が自虐史観を教え込んだ」と語り、健全な教育が行われてこなかったと指摘した。

このニュースの写真

  • 憲法改正の必要性「服で例えれば『既製品』。使えるが誇れるものではない」ケント・ギルバート氏
  • 憲法改正の必要性「服で例えれば『既製品』。使えるが誇れるものではない」ケント・ギルバート氏

関連ニュース

ケント・ギルバート氏「日本では『愛国心を表現してはいけない』と異常な影響今も」…大阪で第11回「大東亜戦争を語り継ぐ会」

「産経WEST」のランキング