産経WEST

阪大に「ゲノム編集」の研究拠点 全国初、ヒト受精卵は含まず

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


阪大に「ゲノム編集」の研究拠点 全国初、ヒト受精卵は含まず

 生物の細胞が持つ遺伝情報(ゲノム)を自由自在に書き換える技術「ゲノム編集」に特化した研究拠点を大阪大が14日に開設する。ゲノム編集は、医学研究から食料生産までさまざまな分野で活用が期待される最先端の技術だが、一方で遺伝子を人為的に改変することから世界中で議論を集めている。常設の研究拠点を設置するのは国内初という。

国際拠点目指す

 開設されるのは「ゲノム編集センター」。大阪大大学院医学系研究科の付属共同研究実習センター内に置かれる。

 効率よくゲノム編集を行う技術を開発するほか、学内で行われるゲノム編集を活用した研究の支援などを行う。マウスやラット、ウサギなどの実験動物を対象とする。

 将来的には阪大だけでなく国内外の研究機関に対象を広げ、要望に応じて遺伝子を改変するための実験材料を作製して提供するサービスや、ゲノム編集を行った細胞のバンク構築なども進める方針。

 ゲノム編集をめぐっては、中国の研究グループがヒトの受精卵の遺伝子を改変し、次世代に影響が出る恐れがあるとして倫理的な側面で議論を呼んでいる。

 阪大では当面、ヒトの受精卵は扱わないとしており、副センター長に就任予定の真下(ましも)知士(ともじ)准教授もこれらの議論とは「一定の距離を置く」と説明。その上で、「世界をリードする技術の開発・改良を進め、ゲノム編集研究の国際拠点を目指したい」と話している。

続きを読む

「産経WEST」のランキング