産経WEST

【関西の議論】手塚治虫、秘めたエロスの世界公開-「女性の肉体」テーマに描いたイラスト、“開かずのロッカー”から大量に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
手塚治虫、秘めたエロスの世界公開-「女性の肉体」テーマに描いたイラスト、“開かずのロッカー”から大量に

初公開された手塚治虫さんの雌ネズミのイラスト。体のラインがなまめかしい=(C)TEZUKA PRODUCTIONS 初公開された手塚治虫さんの雌ネズミのイラスト。体のラインがなまめかしい=(C)TEZUKA PRODUCTIONS

 国民的漫画家・手塚治虫さん(1928~89年)が人知れず描き続けたエロティックなイラストが、文芸誌「新潮」12月号で初公開され話題となっている。裸の女性がネズミや白馬などに変身する様を描写した29点。発売前からネットを中心に注目を集め、新潮社は初版部数を通常の1・5倍に増刷して11月7日に発売したが、売り切れる書店が続出し5千部を増刷。なまめかしい独特のエロスとともに、漫画家デビュー70年にあたる手塚さんの新たな一面を感じさせる内容となっている。(横山由紀子)

死後25年、解かれた封印

 同誌の表紙を飾るのは、うつぶせて体をくねらせる雌ネズミのイラスト。ふくよかな胸とヒップのラインは、まるで人間のようで艶めかしい。ページをめくると、巻頭には表紙に出ている雌ネズミがあおむけになったり仰け反ったり…。

 全16ページにわたるカラーグラビアには、豊満な胸をあらわにした女性が魚やクモに化けていく過程や、赤ん坊が成人女性に変化するイラストが掲載されている。「手塚治虫のエロティカ」と題した特集記事で、カラーグラビアに加え、本文の図版も合わせて計29点を一挙公開している。

 こうしたイラストは、平成26年3月、手塚さんの仕事場で、長女の手塚るみ子さんらが発見した約200点の一部だ。手塚さんの死後、施錠されたままのロッカーを25年ぶりに開けたところ、茶封筒の中から紙切れに描かれたイラストが大量に出てきたという。女性の肉体をテーマに、動物や子供に変化していく過程を描いたもので、男性器や性行為は一切登場しない。

「ウランちゃん」の源泉 裸体が動物へと変身…独特のエロス

「産経WEST」のランキング