産経WEST

4億円不正流用の罪、佐川印刷元役員らを起訴 京都地検

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


4億円不正流用の罪、佐川印刷元役員らを起訴 京都地検

 佐川印刷(京都府向日市)の子会社の資金4億円を不正流用したとして、京都地検は5日、電子計算機使用詐欺の罪で、佐川印刷の元役員、湯浅敬二容疑者(63)と、同社元社員、宮口孝容疑者(63)を起訴した。

 起訴状などによると、知人の会社役員、村橋郁徳容疑者(56)=電子計算機使用詐欺容疑で逮捕=が経営する建築会社の借入金返済などのため、平成26年9月、正式な社内手続きを取らずにインターネットバンキングを操作し、子会社「エスピータック」の口座から4億円をだまし取ったとされる。

 佐川印刷などによると、19~26年ごろ、シンガポールのサーキット場建設などの名目で、70回近く計約90億円が不正流用されていた。

「産経WEST」のランキング