産経WEST

阪急にカフェスタンド開業 来年6月までに20駅で展開 ネスレ日本

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


阪急にカフェスタンド開業 来年6月までに20駅で展開 ネスレ日本

ネスレ日本が運営するカフェスタンドの1号店=月2日午後、兵庫県尼崎市の阪急塚口駅 ネスレ日本が運営するカフェスタンドの1号店=月2日午後、兵庫県尼崎市の阪急塚口駅

 阪急電鉄塚口駅(兵庫県尼崎市)の構内にネスレ日本(神戸市)が運営するカフェスタンドの1号店が2日、オープンした。専用の機械で入れたコーヒーやカフェオレなどが1杯100円で楽しめる。来年6月までに20駅で展開することを目指す。

違いが分かる人の…ネスカフェ

 イタリアの街角にある立ち飲み形式の喫茶店をイメージした。「宇治抹茶」も含め計6種類のドリンクを用意。新聞や菓子なども販売している。

 駅の売店は、たばこや雑誌の売り上げが低迷。阪急電鉄が既存の売店に代わる新たな収益源を模索していたところ、今春にネスレ日本から提案があった。

 塚口駅で2日開いた記念式典で阪急電鉄の野村欣史常務は「駅の役割として安らぎや出会いの場を提供したかった」と説明した。

 カフェスタンドは今月5日に岡町(大阪府豊中市)や総持寺(茨木市)、高槻市(高槻市)、逆瀬川(兵庫県宝塚市)の4駅でもオープンする。

関連ニュース

あふれ出す練乳クリームのカフェゼリー、グリコが発売 容量20グラム増量

「産経WEST」のランキング