産経WEST

四国4県の病院が災害連携 医師や物資の相互支援

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


四国4県の病院が災害連携 医師や物資の相互支援

 松山市の愛媛県立中央病院で2日、四国4県の基幹災害拠点病院が、南海トラフ巨大地震などの大規模災害の発生時、医療スタッフの派遣や、物資の提供などを相互に行う協定を締結した。

 他の3病院は徳島県立中央病院(徳島市)、香川県立中央病院(高松市)、高知医療センター(高知市)。地震や台風などが起きた際、協定病院へ医師や看護師を派遣し、食料や医療機器、薬品などを提供する。

 協定は、東日本大震災により通信網が乱れ、被災病院への支援ができなかった教訓や、九州・沖縄の病院間で結んだ協定が熊本地震の発生時に活用されたことを受けた取り組み。

 愛媛県立中央病院の西村誠明院長は「震災直後は行政を経由した支援ではタイムラグが出る。必要なことを迅速に行うための協定だ」と述べた。

 今後、協定病院間で災害を想定した通信訓練などを実施し、中国・四国地方の他の病院にも連携を広げていく方針。

関連ニュース

広島土砂災害 犠牲の少年偲び、サッカー大会 「語り継ぐ機会に」

「産経WEST」のランキング