産経WEST

どうなる?日ロ関係、“ソ連崩壊へ”スクープの元特派員が16日講演 近鉄百貨店上本町店で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


どうなる?日ロ関係、“ソ連崩壊へ”スクープの元特派員が16日講演 近鉄百貨店上本町店で

齋藤勉・大阪代表 齋藤勉・大阪代表

 ロシアのプーチン大統領が今月来日し、北方領土問題の解決など注目が集まる中、「ソ連崩壊から25年共産主義との戦いは終わっていない」をテーマにした「正論サロン」講演会が16日午後7時から、近鉄百貨店上本町店(大阪市天王寺区)10階の近鉄文化サロンで開催される。

 1991年12月の旧ソ連の崩壊から今年で25年。元モスクワ特派員として現地で取材し、“ソ連崩壊へ”のスクープ記事で日本新聞協会賞を受賞した産経新聞の斎藤勉・大阪代表が講師を務める。

 当日は、プーチン大統領来日のねらいや、かつて現地取材で体験したエピソードに触れながら、今も共産主義の影響力が色濃く残るロシアが抱える問題点を浮き彫りにする。

 参加費は1500円。申し込みと問い合わせは近鉄文化サロン上本町((電)06・6775・3545)。受付時間は午前10時~午後7時(日曜は午後5時半まで)。

関連ニュース

【岡山「正論」友の会】「日本は台湾の存在の大きさも理解すべき」 吉村岡山支局長講演

「産経WEST」のランキング