産経WEST

「患者の個人情報を金に」病院サーバーに不正アクセスした容疑で高1少年逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「患者の個人情報を金に」病院サーバーに不正アクセスした容疑で高1少年逮捕

押収されたパソコン=岡山県警倉敷署 押収されたパソコン=岡山県警倉敷署

 滋賀県内の病院のサーバーに侵入し管理者IDを入手したとして、岡山県警生活環境課は2日までに、不正アクセス禁止法違反の疑いで、茨城県古河市の高校1年の少年(15)を逮捕した。「患者の個人情報を盗み、お金にしようとした」と容疑を認めている。

 岡山県警のサイバーパトロールをきっかけに、北海道、福井、滋賀などの警察と捜査。岡山県警によると、少年は別の事件で摘発された中学生や高校生とインターネット電話「スカイプ」で連絡を取り合い、ネット上のサイトで入手したウイルスの製造や使用方法などの情報を共有していた。

 逮捕容疑は、滋賀県内の病院のホームページが外部からの不正な接続に弱い点を狙い、9月7日に6回にわたり、自宅のパソコンから病院のサーバーに不正アクセスした疑い。逮捕は今月1日。

 岡山県警によると、少年はIDとパスワードを不正取得したが、患者の個人情報は入手できなかったという。

 少年は逮捕容疑のほか、不正取得した他人のパスワードで、6月に東京都内の会社のサーバーに不正アクセスしたとする同法違反などの疑いでも書類送検された。県警が任意で事情を聴く中、少年が9月に病院のサーバーに侵入したため逮捕に踏み切った。

「産経WEST」のランキング