産経WEST

【鉄道ファン必見】関西初の「芝生軌道」完成で記念式典、3日から新軌道での運行開始

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鉄道ファン必見】
関西初の「芝生軌道」完成で記念式典、3日から新軌道での運行開始

軌道の芝生化を終え、緑色に染まった阪堺電気軌道上町線=大阪市阿倍野区 軌道の芝生化を終え、緑色に染まった阪堺電気軌道上町線=大阪市阿倍野区

 阪堺電気軌道上町線天王寺駅前-阿倍野間(大阪市阿倍野区)の路面電車の軌道に、約500メートルにわたり芝生を植える工事が完了した。1日、天王寺駅前停留所近くのあべのキューズモールで記念式典が開かれた。

 阪堺によると、芝生化は同線の軌道が敷かれている幹線道路の拡幅工事に伴うもので、平成27年7月に着工。同区間の軌道を従来の位置から西に約30センチ移設し、関西では初めて軌道内に芝生を敷き詰めた。3日から新軌道で運行する。

 また、景観を改善するため、従来は上下線別々に支えていた架線を1本の柱で支えるようにする。

 式典には地元商店会員らでつくる「あべの筋魅力づくり協議会」の会員や吉村洋文市長ら約30人が出席。吉村市長は「芝生化は都市格を高める。あべの筋が日本一美しいストリートとなるよう、今後も官民一体で魅力づくりを推進していきたい」と述べた。

このニュースの写真

  • 関西初の「芝生軌道」完成で記念式典、3日から新軌道での運行開始

関連ニュース

旧住吉公園駅の駅名板3万2千円で落札 路面電車まつり

「産経WEST」のランキング