産経WEST

寒い冬でもほっこり「仙人風呂」オープン、園児ら“一番風呂”

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


寒い冬でもほっこり「仙人風呂」オープン、園児ら“一番風呂”

湯煙の中、一番風呂を楽しむ園児ら=和歌山県田辺市 湯煙の中、一番風呂を楽しむ園児ら=和歌山県田辺市

 河原を掘れば温泉が湧き出ることで知られる和歌山県田辺市本宮町の川湯温泉で1日、露天風呂「仙人風呂」がオープンし、地元の保育園児らが“一番風呂”を満喫した。来年2月末まで設置される。無料。

 温泉街を流れる熊野川の支流・大塔川は、河原から70度以上の温泉が湧出する。毎年、冬の観光の目玉にと、観光協会などが「千人が入れるほど」という長さ約40メートル、奥行き約15メートル、深さ約60センチの大きな湯船をつくり、川の水を引き入れて温度調節している。

 安全祈願の後、園児ら28人は、水着に着替えると元気よく入浴。園児らは「温かい」「広くて気持ちいい」などと言いながら泳いだり湯をかけあったりしていた。

関連ニュース

【艶!スポーツ】イ・ボミ、温泉旅館で身体癒やして4位フィニッシュも…元世界女王が迫ってきて賞金女王レースは混沌?

「産経WEST」のランキング