産経WEST

【虎のソナタ】来季は阪神が「神ってる」!? サンスポも「挑む」新体制に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【虎のソナタ】
来季は阪神が「神ってる」!? サンスポも「挑む」新体制に

産経新聞社・斎藤勉大阪代表(右)からコラム「虎のソナタ」掲載4千回を記念し、表彰される執筆陣の一人、水本義政氏(中央)。左はサンスポ・畑恵一郎新編集局長 産経新聞社・斎藤勉大阪代表(右)からコラム「虎のソナタ」掲載4千回を記念し、表彰される執筆陣の一人、水本義政氏(中央)。左はサンスポ・畑恵一郎新編集局長

 岩貞は2400万円アップの4千万円。「今年はしっかり働いて、来年もしっかり継続するようにと、しっかり上げていただきました」だって。藤川投手は現状維持の2億円…。来年、彼はやりまっせぇ。

 ところでこの日12月1日からサンスポ新編集局長に畑恵一郎が就任し、その第一歩です。生真面目一徹の局長畑の元で編集局は? と眺めますといつもの面々がドタバタといつもの動き…新局次長生頼秀基整理部長も難しい顔をしてた。と、そこに突然、現れたのが産経新聞社大阪代表齋藤勉専務取締役。つまり産経新聞の“大阪丸”のトップ。「今日からサンスポは新体制だ。ガンバッてくれ。そしてタイガースも優勝だぞ。ファンのニーズにも応えてくれよ…」と矢継ぎ早に指令を飛ばしてからおもむろに小さな額を取り出した。

 みると11月11日付の『虎のソナタ』4千回記念の額です。代表はわざわざこの畑新体制の門出の日にその4千回を超え、どこまで続くヌカルミぞ…ゴホゴホ、その超大河『虎のソナタ』も顕彰してくれたのですが、たまたまいたのはスタッフの最古参のフリージャーナリスト、水本義政…かくて編集局中央で写真向かって右から齋藤代表、中が水本、そして左がサンスポ新局長畑恵一郎です。とにかくまだまだがんばりますから、金本阪神ともども、こうご期待であります!(サンケイスポーツ)

関連ニュース

【プロ野球】阪神の岩貞2400万円増の4千万円 西岡は1800万円減

「産経WEST」のランキング