産経WEST

【西論】吉村・大阪市長1年 「都構想」にも対話と時間を

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【西論】
吉村・大阪市長1年 「都構想」にも対話と時間を

大阪市の吉村洋文市長=大阪市役所 大阪市の吉村洋文市長=大阪市役所

 大阪が最優先で取り組むべき課題は多い。ようやく動き出した「大阪万博」の誘致合戦はすぐにはじまる。教育改革も緒に就いたばかりだ。対話や交渉に強みを見せた吉村氏と松井氏の組み合わせなら二重行政の排除は可能だ。都構想の制度構築にこだわらずとも、大阪をさらに魅力的に育てる方向性を見いだすこともできるはずだ。都構想が必要ならば、2期8年かけるぐらいの覚悟をもち、スケジュールを組み直す必要があるのではないだろうか。   (社会部長・堀洋)

関連トピックス

関連ニュース

【関西の議論】橋下維新「シンボルタワー」〝お荷物〟のワケ 南海トラフ巨大地震では津波、ホテル活用も「眺望なく中途半端」

「産経WEST」のランキング