産経WEST

【けいざい徒然草-ファミリア(下)】リアル「べっぴんさん」のDNA継ぎ、子どもの可能性をクリエイト

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【けいざい徒然草-ファミリア(下)】
リアル「べっぴんさん」のDNA継ぎ、子どもの可能性をクリエイト

坂野惇子さん(左)ら創業者4人と、坂野通夫さん(ファミリア提供) 坂野惇子さん(左)ら創業者4人と、坂野通夫さん(ファミリア提供)

 創業者の1人、坂野惇子(ばんの・あつこ)さん(1918~2005年)が、放映中のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「べっぴんさん」のヒロインのモデルとなったベビー・子供服メーカー「ファミリア」(神戸市中央区)。リアル「べっぴんさん」のDNAを継承しながらも、時代に応じた新たな企業理念を打ち出している。(栗川喜典)

あかちゃんへの愛情

 ファミリアが朝ドラを機に、神戸元町本店(神戸市)と銀座本店(東京)で開催している特別展「ファミリアの軌跡展」。創業から現在までの歩みを5つのテーマに分け、社史や創業時の貴重な製品などを来年4月まで順次紹介し、「べっぴんさん」に登場したエピソードにまつわる資料も見ることができる。

 たとえば、神戸元町本店で11月17日まで紹介されたテーマ「あかちゃんへの愛情」では、乳児の柔らかい肌を刺激しないように縫い目やタグを外側にした肌着、ベビーナースから学んだ欧米の育児法を基に作られた白い特殊織地のおしめといった品々がショーケースに並んだ。

 創業時の貴重な手刺繍(ししゅう)やその後の製品を眺めていると、時代とともにデザインの変遷はあるものの、ピンクなどの柔らかい色づかいなどに一貫性を感じさせる。ファミリアの広報担当、三笠嘉子さんは「赤ちゃんの肌が一番きれいに見えるように考えている」と話す。

 また、ファミリアが推進するコンセプト「TOUCH for the first 1000 days」も紹介。妊娠から誕生を経て2歳に成長するまでの約千日間に赤ちゃんが感じたり見たりするものがその後の生涯に大きく影響するとして、出産や育児に必要な肌着や食器類など良質の品を体感してもらえるショールーム機能を持たせ、使用時の肌触りや常備しておく際のかさばり具合なども確かめることができる。

続きを読む

このニュースの写真

  • リアル「べっぴんさん」のDNA継ぎ、子どもの可能性をクリエイト
  • リアル「べっぴんさん」のDNA継ぎ、子どもの可能性をクリエイト
  • リアル「べっぴんさん」のDNA継ぎ、子どもの可能性をクリエイト

関連ニュース

【けいざい徒然草-ファミリア(上)】創業時の資料で知るリアル「べっぴんさん」の軌跡

「産経WEST」のランキング