産経WEST

【衝撃事件の核心】「なぜゲームをしながら運転する」ポケモンGO事故で9歳次男亡くした父、悲痛な叫びが仕様を変更させる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「なぜゲームをしながら運転する」ポケモンGO事故で9歳次男亡くした父、悲痛な叫びが仕様を変更させる

則竹敬太君が事故に遭った時に持っていた、ひしゃげた水筒をみせる父の崇智さん。事故は運転中のポケモンGOを規制するゲームの仕様変更につながった 則竹敬太君が事故に遭った時に持っていた、ひしゃげた水筒をみせる父の崇智さん。事故は運転中のポケモンGOを規制するゲームの仕様変更につながった

 愛知県警によると、川合被告は「スマートフォンを助手席に置いて充電しながらポケモンGOをしていた」「前を見ていなかった。運転中は必ずしていた」などと説明。事故はポケモンに無中になる余りの前方不注意が原因とされた。

規制要望に反発の脅迫メール

 「いつもありがとう。早く大人になりたいです」。則竹君は親に感謝を忘れない子だった。父、崇智さん(46)は2年前の自分の誕生日に書いてくれた作文を思い出し、「子を失うのがこんなにつらいなんて」と悔やみ、「なぜゲームなんかしながら運転していたのか」と怒りをにじませた。

 崇智さんら遺族の要望を受け、市は11月4日、ゲームを運営する「ナイアンティック社」(米)に歩行者以外は遊べなくするよう要請する文書を送付した。

 ポケモンGOはもともと、一定以上の速度を感知するとプレーを制限する規制があったが、「運転者ではありません」という表示を押せば引き続き操作できた。同社はこの機能を10月に一定の速度以上での移動中はポケモンが現れないよう仕様を変更していたが、事故を受け市は高速移動中に一切プレーできなくするよう求めた。

 中野正康市長は「大型車だと低速でも危険。アプリ開発会社、運営会社それぞれで考えてほしい」と述べた。ところが…。

 「要請を取り下げろ。おまえらの家族に天罰が下るぞ。市役所炎上がいいか」

市は「続くなら警察に」…運営会社も動いた、そして

このニュースの写真

  • 「なぜゲームをしながら運転する」ポケモンGO事故で9歳次男亡くした父、悲痛な叫びが仕様を変更させる
  • 「なぜゲームをしながら運転する」ポケモンGO事故で9歳次男亡くした父、悲痛な叫びが仕様を変更させる
  • 「なぜゲームをしながら運転する」ポケモンGO事故で9歳次男亡くした父、悲痛な叫びが仕様を変更させる

関連トピックス

関連ニュース

京阪バス、片手運転しながらポケモンGO ウインカー出てない!通行人が連絡し発覚

「産経WEST」のランキング