産経WEST

大賞にNTT西の横山さん 大商の「第1回大阪サクヤヒメ表彰」 企業の管理職や文化活動などで活躍の女性顕彰

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大賞にNTT西の横山さん 大商の「第1回大阪サクヤヒメ表彰」 企業の管理職や文化活動などで活躍の女性顕彰

大阪サクヤヒメ大賞を受賞し、喜びを語るNTT西日本マーケティング部長の横山桂子さん=大阪市北区 大阪サクヤヒメ大賞を受賞し、喜びを語るNTT西日本マーケティング部長の横山桂子さん=大阪市北区

 大阪商工会議所は、大阪の企業などで活躍する女性を顕彰する「大阪サクヤヒメ表彰」の第1回受賞者を決定し、大阪市内で1日、表彰式を行った。企業の管理職や文化活動の分野から計65人が受賞。最上位の「大阪サクヤヒメ大賞」にNTT西日本マーケティング部長の横山桂子さん(51)が選ばれた。

 昨年11月に死去した佐藤茂雄前会頭の辞世の句「やはりいた サクヤヒメ達 六歳経つ」にちなんだ表彰。日本神話の女神、コノハノナサクヤヒメのように仕事や育児に取り組む「強く美しい女性」を応援する。

 大商会員の企業・団体を中心に98人から応募があり、「業績」や「人材育成」などを基準に有識者らで選定した。表彰は平成32年まで実施する予定。

 第1回の大阪サクヤヒメ大賞を受賞したNTT西日本の横山桂子さんは表彰式で「表彰の創設を聞いて、大阪の女性がまた元気になれる、とうれしかった。もっともっと大阪を盛り上げていきたい」とあいさつした。

 富山県出身で、昭和63年にNTT入社。NTT西では女性として初の営業部長、支店長を歴任した。現在は光回線サービス「フレッツ光」の販売戦略を担当し、部下約550人を指揮している。

 「娘が生まれてまもないころは育児しながらの仕事で残業もできず、両立が大変だった」と振り返る。経験を生かし、職場では「時間の価値」を追求する働き方を実践。業務の効率化を指導してきた。

 夫からは「(大賞で)まだまだやらなあかんとサクヤヒメが言うてはる」と励まされたが、後輩の女性らには「あまりがんばりすぎず、のびのびと自分らしく次のステージを目指して」と呼びかける。

関連ニュース

大阪カジノIR誘致、大商会頭は“慎重”変わらず 積極姿勢の関経連、関西同友会と温度差

「産経WEST」のランキング