産経WEST

JR西、新会社で地域貢献 その名も「JR西日本イノベーションズ」 ベンチャー出資へ30億円

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


JR西、新会社で地域貢献 その名も「JR西日本イノベーションズ」 ベンチャー出資へ30億円

ベンチャー企業への出資を手掛ける「JR西日本イノベーションズ」の社名パネルを掲げる奥田英雄社長(中央)ら=1日午後、大阪市 ベンチャー企業への出資を手掛ける「JR西日本イノベーションズ」の社名パネルを掲げる奥田英雄社長(中央)ら=1日午後、大阪市

 JR西日本は1日、ベンチャー企業への出資を手掛ける新会社「JR西日本イノベーションズ」を設立したと発表した。30億円の出資枠を設けた。成長事業の創出や鉄道サービスの効率化につながる企業を発掘する。ベンチャー企業との連携を深め、地域活性化に貢献する狙い。

 対象は国や地域を問わず、5年間で30件程度の出資を想定。健康医療や農業ビジネス分野のほか、インターネットを通じた特産品販売に携わる新興企業などを見込む。

 鉄道事業との連携も目指し、人工知能(AI)やロボットの活用による省力化を実現し、旅客案内やコールセンターの人手不足解消に協力できる企業に重点を置く。

 JR西グループのショッピングセンターやホテルとの相乗効果も追求し、情報提供に役立つアプリ開発などに関わる企業の登場を期待する。

 JR西はベンチャー企業の優れたアイデアやノウハウを取り込み、事業を強化したい考え。

 JR西の全額出資子会社、JR西日本イノベーションズの奥田英雄社長は大阪市で開いた記者会見で「変化の激しい時代で、スピード感が求められる。小さな案件を重視して意思疎通を図りたい」と意気込みを述べた。

関連ニュース

【動画】JR西「長距離列車さらに計画」 瑞風は城崎温泉・出雲大社・厳島神社…豪華ルートで来年6月GO

「産経WEST」のランキング