産経WEST

伊勢志摩サミットの記憶、後世に…記録誌が完成 首脳会議や配偶者プログラムの概要記す

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


伊勢志摩サミットの記憶、後世に…記録誌が完成 首脳会議や配偶者プログラムの概要記す

伊勢志摩サミットのデータなどを集めた本冊(上)と、写真集(左)、DVDからなる記録誌 伊勢志摩サミットのデータなどを集めた本冊(上)と、写真集(左)、DVDからなる記録誌

 5月26、27日に三重県内で開かれた主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の記録誌が完成し、伊勢志摩サミット県民会議により発行された。鈴木英敬知事は「各自治体や事業所のポストサミット活動の取り組みの参考となるよう役立ててほしい」と話している。

 記録誌は、本冊(421ページ)と写真集(75ページ)に加え、記録映像DVD(23分)の3部セットで化粧箱に入れている。表紙に、サミット主会場の志摩市・賢島周辺の上空からの写真を配した。

 本冊では、首脳会議や配偶者プログラムの概要、県民会議や各市町、警備関係者の取り組みや予算、各種資料をまとめた。

 写真集は、約400枚のカラー写真を集め、伊勢神宮を歩いた首脳や夫人たちの表情など、印象的な場面の写真を集めた。また、DVDでは、誘致段階の知事会見や機運盛り上げのためのイベント、海外メディアも含め取材拠点となった国際メディアセンターの様子などを紹介している。

 4千部を作り、同会議の協賛団体や県内の公共機関などに配布するほか、地域活動などに利用する希望者には配布する。本冊と写真集は、三重県のホームページ内で閲覧可能。問い合わせは同会議((電)059・224・2429)。

関連ニュース

【伊勢志摩サミット半年】伊勢神宮の参拝者は2割増 志摩スペイン村は6%減 効果は「まだら模様」

「産経WEST」のランキング