産経WEST

「万博」関連補正予算案、1・6億円提出へ…会場アクセスに関する調査費など 大阪府

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「万博」関連補正予算案、1・6億円提出へ…会場アクセスに関する調査費など 大阪府

 2025(平成37)年の国際博覧会(万博)の誘致を目指す大阪府が、会場への交通手段に関する調査費や機運醸成につなげる広報費など計約1億6千万円の万博関連の補正予算案を、開会中の府議会に提出する方針を固めたことが1日、府への取材で分かった。

 主な内訳は、開催予定地となる大阪湾の人工島・夢洲(大阪市此花区)までの市営地下鉄延伸など会場アクセスに関する調査費3800万円▽誘致推進組織の運営経費や誘致に向けたシンポジウムの開催などの機運醸成費6100万円-など。

 費用はともに誘致を進める大阪市にも負担してもらう考えで、今後負担割合を協議する。補正予算のうち今年度分は約1200万円で、残りは29年度と30年度に支出する予定の債務負担行為。今月20日の本会議で可決する見通し。

関連ニュース

「カジノ法案」審議入り 万博誘致の関西、ベイエリア開発へ期待高まる

「産経WEST」のランキング