産経WEST

【ユネスコ無形文化遺産】伝統の曳山、歓喜「よいさ!」 長浜「みんなの思い実った」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ユネスコ無形文化遺産】
伝統の曳山、歓喜「よいさ!」 長浜「みんなの思い実った」

曳山に設けられた舞台で子供歌舞伎が奉納される長浜曳山祭=滋賀県長浜市(榎本雅弘撮影) 曳山に設けられた舞台で子供歌舞伎が奉納される長浜曳山祭=滋賀県長浜市(榎本雅弘撮影)

 藤井市長は「ようやくこの日が来た。誇りを持って祭りを国内外に発信したい」とあいさつした。

 「長浜曳山祭ユネスコ無形文化遺産登録推進会議」の山田富造会長(73)は「担い手不足など継承には問題も多いが、この祭りを引き継いでいくための大きな節目だと感じた」と話した。

三重から石取祭、鯨船…

 また、「桑名石取祭の祭車行事」(三重県桑名市)の保存会の関係者ら約30人は、祭車(さいしゃ)と呼ばれる山車(だし)などを展示する市内の石取会館で前日午後から推移を見守っていたが、1日午前2時すぎに無事決定の連絡を受けると祭車を背景に万歳三唱で祝った。

 桑名石取祭保存会の伊藤守会長(63)は「私たちの祭りが、日本の文化の代表として世界に認められ光栄。四十数台の祭車を減らさないよう保存・維持に努めたい」などとコメント。三重県内では、「鳥出神社の鯨船行事」(四日市市)、「上野天神祭のダンジリ行事」(伊賀市)も含まれ、鈴木英敬知事も「魅力を国内外に発信していきたい」などのコメントを出した。

このニュースの写真

  • 伝統の曳山、歓喜「よいさ!」 長浜「みんなの思い実った」

関連ニュース

【ユネスコ無形文化遺産】「世界の祭りへ躍進」…三重県伊賀市で記念式典

「産経WEST」のランキング