産経WEST

新元素「ニホニウム」正式決定受け、九州大・森田氏「人類の知的財産として蓄積される」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


新元素「ニホニウム」正式決定受け、九州大・森田氏「人類の知的財産として蓄積される」

新元素名が正式に「ニホニウム」と決まったことを受け、記者会見する森田浩介・九州大教授=1日午前、福岡市 新元素名が正式に「ニホニウム」と決まったことを受け、記者会見する森田浩介・九州大教授=1日午前、福岡市

 理化学研究所のチームが合成した新元素名が正式に「ニホニウム」と決まったことを受け、チームを率いた森田浩介・九州大教授らは1日、福岡市で記者会見した。森田氏は「人類の知的財産として蓄積されることを、大変うれしく思う」と語った。元素を日本の科学者が命名したのは初めてで、アジアの中でも初の快挙。

 ニホニウムは、原子番号30の亜鉛を同83のビスマスにぶつけ、核融合させてつくられた。森田氏らは平成16~24年、埼玉県和光市にある理研の加速器で、計3回の合成に成功した。

 国際純正・応用化学連合(IUPAC)は27年末、原子番号113の新しい元素として認定。理研は11月30日、チームの提案通りに元素名が決まったと発表した。

関連ニュース

【ノーベル賞】梶田教授が京大で講演 ニュートリノの質量発見「物理学の突破口開いた」 今後は重力波研究に意欲

「産経WEST」のランキング