産経WEST

日本の美容師、世界へ続々と飛躍…きめ細かなサービス、手先の器用さが人気

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


日本の美容師、世界へ続々と飛躍…きめ細かなサービス、手先の器用さが人気

シンガポールに出店する新店舗の完成予想図を眺める秋道勝人さん=滋賀県湖南市 シンガポールに出店する新店舗の完成予想図を眺める秋道勝人さん=滋賀県湖南市

 一方、国内では数多くの外国人観光客が訪れる美容院もある。JR京都駅(京都市下京区)近くにある美容室「green leaves」。立地の良さなどで京都観光の外国人が立ち寄るようになった。

 口コミなどで、アジアから欧米まで外国人客は1カ月に5人程度訪れる。英語のメニュー表記を用意。丁寧なシャンプーや頭の形に沿ったカット、ハンドマッサージやお茶のサービスなども喜ばれているという。

 店長の安田祐介さん(33)は「日本でカットすることが一種のステータスになっているようだ。髪を切る体験を通じて『いい旅行だった』と思ってもらえるとうれしい」と話している。

 日本貿易振興機構(JETRO)の調査によると、美容院の海外進出数は平成27年10月~28年9月で49社。23年10月~24年9月(20社)と比べると、約2・5倍増えている。

 急増の背景には、少子高齢化による国内市場の縮小など厳しい環境がある。

 調査会社の矢野経済研究所によると、27年度の美容関連市場規模は1兆5220億円と18年度から約854億円減少。一方で美容院の数は増加を続け、縮小する市場を奪い合う構図になっているという。また、爪を着色するネイルやまつげエクステなど美容室以外での美容サービスも増え、競争激化に拍車をかける。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日本の美容師、世界へ続々と飛躍…きめ細かなサービス、手先の器用さが人気

関連ニュース

豪華列車、海外富裕層に売り込み強化 JR西などフランスで見本市初出展 近鉄は英語サイトで予約も

「産経WEST」のランキング