産経WEST

トラブルか? 火付けられた会社員が死亡…灯油のような液体かけられ 知人の男を殺人容疑で捜査

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


トラブルか? 火付けられた会社員が死亡…灯油のような液体かけられ 知人の男を殺人容疑で捜査

 愛媛県警宇和島署は1日、同県宇和島市で11月28日に火を付けられて治療中だった会社員、有田大志さん(43)=同市和霊町=が全身やけどで死亡したと発表した。同日に殺人未遂容疑で現行犯逮捕していた知人の同市寄松、無職、兵頭龍一容疑者(49)については容疑を殺人に切り替えて捜査する。

 同署によると、11月28日午後10時5分ごろ、有田さんに灯油のような液体をかけ、火を付けて殺害した疑いが持たれている。

 2人は直前まで兵頭容疑者宅で酒を飲んでいたといい、同署は何らかのトラブルがあったとみて動機や詳しい状況を調べている。

関連ニュース

【愛知・車突入全焼】車突入住宅の焼け跡に遺体 親族男性、放火後死亡か

「産経WEST」のランキング