産経WEST

【富山政活費不正】「議員報酬」の増額を撤回へ…月額10万円、6月に条例可決したが

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【富山政活費不正】
「議員報酬」の増額を撤回へ…月額10万円、6月に条例可決したが

 政務活動費の不正で13人が辞職した富山市議会は1日、議員報酬の月額10万円増額を撤回する条例案の提案理由説明を行い審議入りした。同日中に可決する見通し。議員報酬引き上げを巡っては市民からの抗議が殺到し、一連の不正が発覚する発端となった。

 条例案は10会派中、自民党会派など6会派が共同提出。本会議などに出席する際の交通費に当たる「費用弁償」を廃止する条例案とともに審議される。

 同市議会は、6月に議員報酬を月額60万円から70万円に増額する条例を可決した。可決前に市議を取材していた記者が当時の自民会派会長に取材メモを奪われ、押し倒される事態も起きた。費用弁償は、本会議や委員会に出席すると1日当たり4千円が支払われていた。

関連トピックス

関連ニュース

【富山政活費不正】市議補選、当選陣営歓声も…低投票率に「市民の意思表示だ」「諦めを感じた」

「産経WEST」のランキング