産経WEST

アパート火災、20代の姉妹死亡か 広島・福山

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


アパート火災、20代の姉妹死亡か 広島・福山

 11月30日午後10時ごろ、広島県福山市多治米町のアパート3階の一室で火災があり、女性2人が救助されたが、病院で死亡が確認された。この部屋に住む20代の姉妹と連絡が取れておらず、県警は身元の確認を進めている。

 地元消防によると、アパートは3階建てで、住民から「煙が出ていて、焦げ臭い」と119番があった。他に住民1人が避難する際に転倒し、けがをした。軽傷とみられる。

 福山東署によると、部屋には姉妹と母親(43)の3人が暮らしていた。

 現場は、JR福山駅から南東に約3キロの住宅などが集まる地域。

関連ニュース

「新幹線車内で火災!」 大阪・摂津の新幹線基地で事故復旧訓練

「産経WEST」のランキング