産経WEST

【堺男児不明】長男死亡直後「2階に包んで置いていた」父親供述

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【堺男児不明】
長男死亡直後「2階に包んで置いていた」父親供述

堺男児不明で、遺棄したとされる山中を捜索する大阪府警の捜査員ら=大阪府千早赤阪村(本社ヘリから、前川純一郎撮影) 堺男児不明で、遺棄したとされる山中を捜索する大阪府警の捜査員ら=大阪府千早赤阪村(本社ヘリから、前川純一郎撮影)

 堺市北区の梶本樹李ちゃん=死亡当時(3)=の遺体が大阪府千早赤阪村の山中で見つかった事件で、死体遺棄容疑で再逮捕された父親の卓容疑者(35)が「昨年12月に死亡した直後、遺体を自宅の2階に運び、布団か毛布に包んで置いていた」などと供述していることが1日、捜査関係者への取材で分かった。

 卓容疑者は当時、共に再逮捕された母親千穂容疑者(32)や長男樹李ちゃんらと大阪府松原市の2階建て住宅で生活していた。同月下旬、堺市北区のマンションへ転居した際に遺体も一緒に移したとされ、府警捜査1課は、山中に遺棄するまでの経緯を詳しく調べる。

 捜査1課によると、卓容疑者は昨年12月中旬の夜、樹李ちゃんの頭や顔を複数回殴るなど暴行。樹李ちゃんは衰弱し、翌朝、1階の部屋で寒気を訴えた後に呼吸が止まり亡くなったとされる。

 卓容疑者は調べに「(樹李ちゃんの)顔が腫れ上がり、虐待の発覚を恐れ病院に運ばなかった」と遺体を放置した理由を説明している。千穂容疑者は「夫が遺体を2階に持っていくのは見たが、その後どうしたかは分からない」と、遺棄への関与を否定している。

このニュースの写真

  • 長男死亡直後「2階に包んで置いていた」父親供述

関連ニュース

【堺男児不明・動画】父の供述は二転三転…捜索再開も遺体見つからず 15日も継続

「産経WEST」のランキング