産経WEST

【歌劇な人々】運命の巡り合い、男役スター凪七が再び女役・エリザベートを-「肩で風切る後ろ姿」注意された思い出

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【歌劇な人々】
運命の巡り合い、男役スター凪七が再び女役・エリザベートを-「肩で風切る後ろ姿」注意された思い出

「エリザベート」の思い出やガラコンサートへの意欲を語る宝塚歌劇団専科スターの凪七瑠海 「エリザベート」の思い出やガラコンサートへの意欲を語る宝塚歌劇団専科スターの凪七瑠海

 それでも前を向いた。「昔から逃げ出さない性格ですし、この作品で精神面を鍛えていただいたから、いま何事でも乗り越えられる」とほほ笑む。

 8年近くの時を経て、再び挑む思い出の役。「当時は役になろうとしましたが、理解できていなかった気がする。違ったものになる予感がします。役と一緒に成長していけたら」

 今秋、専科に異動。当初は不安もあったが、「お仕事が入ればありがたいし、やりたいこともたくさんあるので、時間があれば取り組みたい」。舞台のための英語や中国語の勉強やカラーコーディネートの資格取得、最近始めたゴルフ…。「各組に出演するのも楽しみですし、この学年にして、いろいろな刺激を受けられるのが、うれしいです」

 大阪公演は梅田芸術劇場メインホールで12月9日~18日、東京公演はBunkamuraオーチャードホールで来年1月8日~20日。

このニュースの写真

  • 運命の巡り合い、男役スター凪七が再び女役・エリザベートを-「肩で風切る後ろ姿」注意された思い出

関連ニュース

【宝塚歌劇団】綺城ひか理「明日海さん助言いただき…花組の魅力、もがいて表現」、同期の城妃美伶も笑顔 新公『金色の砂漠』

「産経WEST」のランキング