産経WEST

【けいざい徒然草-ファミリア(上)】創業時の資料で知るリアル「べっぴんさん」の軌跡

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【けいざい徒然草-ファミリア(上)】
創業時の資料で知るリアル「べっぴんさん」の軌跡

坂野惇子さん(左)らファミリアの創業者(同社提供) 坂野惇子さん(左)らファミリアの創業者(同社提供)

 坂野さんの孫に当たる岡崎忠彦・ファミリア社長はNHKから朝ドラ化を打診され、「4人の女性がビジネスモデルを作り、周りの男性たちが助けたことを大事にしてほしい」と要望したという。

今後のアレンジは?

 ファミリアがフランス語の「家族」などから名付けられたのに対し、劇中での社名「キアリス」はすみれら4人の名から1文字ずつ取られたなど設定の違いはあるが、4人で創業というドラマ展開に岡崎社長も満足そうだ。すみれが生活費を工面するため自分の靴を売却してくれるように靴店主に頼んだ際、代わりに手作り品の販売を勧められたエピソードも忠実に再現されたことに「リスペクトしてもらってうれしい」と笑顔を見せる。

 一方、レナウン理事長を務めた尾上清氏を基にした野上潔にすみれが恋心を抱くものの、野上はすみれの姉と結婚するというストーリー展開に対し、坂野さんの姉が尾上氏と結婚した史実はない。また、出征したすみれの夫は先の大戦後も消息がなかなか分からなかったが、モデルとなった坂野通夫さんはファミリア創業時にはすでに帰国していたといった違いもある。

 こうした朝ドラでのアレンジに対し、岡崎社長は「盛り上がるように、いろいろ計算されていて面白い」と感心。ファミリアでは朝ドラでの撮影で縫製などの技術指導を行ったり、関連品を貸し出したりと協力しているといい、今後、ヒロインのすみれたちの経営を夫ら周囲の男性が支えていく描かれ方にも期待を寄せる。

      =(下)に続く

このニュースの写真

  • 創業時の資料で知るリアル「べっぴんさん」の軌跡
  • 創業時の資料で知るリアル「べっぴんさん」の軌跡
  • 創業時の資料で知るリアル「べっぴんさん」の軌跡
  • 創業時の資料で知るリアル「べっぴんさん」の軌跡

関連ニュース

【けいざい徒然草-ファミリア(下)】リアル「べっぴんさん」のDNA継ぎ、子どもの可能性をクリエイト

「産経WEST」のランキング