産経WEST

拳銃構える容疑者撮影、賞受賞の「照準はカメラマン」 安全確保めぐり社内で議論

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


拳銃構える容疑者撮影、賞受賞の「照準はカメラマン」 安全確保めぐり社内で議論

関西写真記者協会賞を受賞した「照準はカメラマン」。工事中の民家の足場に座り銃口を向ける溝畑泰秀容疑者を撮影した=8月31日、和歌山市(安元雄太撮影) 関西写真記者協会賞を受賞した「照準はカメラマン」。工事中の民家の足場に座り銃口を向ける溝畑泰秀容疑者を撮影した=8月31日、和歌山市(安元雄太撮影)

 今回、最優秀賞の関西写真記者協会賞を受賞した「照準はカメラマン」は、拳銃を構えた容疑者を捉えた衝撃的な写真だ。カメラマンに狙いを定めたかに見える状況に、社内でも安全確保をめぐって議論を呼んだ。

▼最優秀賞の「関西写真記者協会賞」に産経新聞…「花咲くリトルプラネット」「息がぴったりタカマツペア」も受賞

 産経新聞大阪本社から指示を出すデスクは、現場から電送された写真に防弾チョッキ姿や楯を持つ警官が写っていたことから、カメラマンが拳銃を持った犯人のいる場所に近く、危険な状況にあると判断。報道各社が集まる安全な場所まで退避させた後、超望遠レンズでの取材を指示した。

 撮影に際し安全確保がなされていたかという点については、撮影ポイントが警察の定めた立ち入り禁止区域の外側にあり、立てこもり現場からも100メートル超の距離があった。拳銃の射程を考慮すると、狙って命中する可能性は極めて低く、安全性は確保できていたと考えられる。しかし、犯人が射程の長いライフル銃を隠し持っていたらどうなっていたか…。不確定要素があったのは否めない。

続きを読む

関連ニュース

関西写真記者協会賞に産経新聞大阪本社の「照準はカメラマン」 和歌山発砲立てこもり事件

「産経WEST」のランキング