産経WEST

「阪神優勝すれば単位くれる」ツイッター投稿の大阪大生に30万円賠償命令 ネットで拡散、「苦痛受けた」と教授の訴え認める

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「阪神優勝すれば単位くれる」ツイッター投稿の大阪大生に30万円賠償命令 ネットで拡散、「苦痛受けた」と教授の訴え認める

優勝を決め、ナインに胴上げされる阪神タイガースの星野仙一監督=平成15(2003)年9月15日、甲子園球場 優勝を決め、ナインに胴上げされる阪神タイガースの星野仙一監督=平成15(2003)年9月15日、甲子園球場

 「阪神(タイガース)が優勝したら無条件で単位くれるらしい」と嘘の内容をツイッターに投稿され、精神的苦痛を受けたとして、大阪大外国語学部の男性教授が同大の学生に200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、大阪地裁であった。宮崎朋紀裁判官は投稿内容は虚偽だったと認定し、学生に30万円を支払うよう命じた。

■かつて昭和60(1985)年では“常識”!? 判決理由は…

 判決によると、教授は平成26年4月、講義で「阪神タイガースがリーグ優勝した場合は、恩赦を発令する」と記したスライドを使用。学生はその場面を撮影し、コメント付きでツイッターに投稿した。

 判決理由で宮崎裁判官は、教授がスライドを示しながら「かつてはタイガースが優勝した場合、全員合格とするという教授もいたが、現在はそんなことはない」と発言していたと指摘。学生はこの内容を入れずに投稿し、インターネット上で拡散し一部メディアでも取り上げられた。「被告は大学生にもなっており、嘘の投稿が大きな事態を招くことを認識できた」と批判した。

続きを読む

関連ニュース

【今週の注目記事】韓国ネット発“空騒ぎ”の愚 「わさびテロ」「暴行疑惑」…検証なき「嫌韓ムード拡散」報道の波紋

「産経WEST」のランキング