産経WEST

敦賀2号で作業員10人が1次冷却水かかる、被曝はなし

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


敦賀2号で作業員10人が1次冷却水かかる、被曝はなし

 日本原子力発電の敦賀原発2号機=福井県敦賀市  日本原子力発電の敦賀原発2号機=福井県敦賀市

 日本原子力発電は30日、敦賀原発2号機(福井県敦賀市)の原子炉補助建屋で1次冷却水約160リットルが噴き出すトラブルがあったと発表した。近くにいた作業員10人の衣服などに放射性物質を含んだ水がかかったが「作業員に、けがや被曝(ひばく)はない」としている。

 日本原電によると、30日午前10時50分ごろ、原子炉補助建屋の地下2階にある1次冷却水を保管するタンク室で、点検のため配管の弁を取り外す作業中、配管にたまっていた水が噴き出した。肌にもかかったが、作業後洗い流すなどの処置を取り、被曝はしていないという。

 噴き出した1次冷却水の放射性物質は、国への報告基準を下回る27万2千ベクレルだった。日本原電は「配管にたまっている水の量が想定より多かった」とし、詳しい原因を調べる。

関連ニュース

【博多駅前陥没】「爆発ありえた」想定外のガス漏れ 大阪では46年前に大惨事…改めて問われる安全対策

「産経WEST」のランキング