産経WEST

【動画】本好き本望、本棚で寝落ち…祇園に「泊まれる本屋」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
本好き本望、本棚で寝落ち…祇園に「泊まれる本屋」

宿泊スペースは本棚の裏、押し入れ感覚で楽しめる=京都市東山区(前川純一郎撮影) 宿泊スペースは本棚の裏、押し入れ感覚で楽しめる=京都市東山区(前川純一郎撮影)

 本に囲まれて眠りたい-。本好きの夢をかなえてくれる宿泊施設が12月2日、京都・祇園に誕生する。「泊まれる本屋」をコンセプトにした「BOOK AND BED TOKYO」京都店。3千冊以上の本と20床のベッドを備え、本棚の中で寝るようなしつらえだ。1年前に開業した東京店は「珍しい経験ができる」と外国人観光客や女性客らに人気で、なかなか予約が取れないほど。運営会社は「京都随一の名所で、気に入った本を読みながら眠りに落ちるという幸せな時間を提供したい」という。(木ノ下めぐみ)

▼「BOOK AND BED TOKYO」京都店(外部サイト http://bookandbedtokyo.com/kyoto/index.html)

■押し入れ気分、子供の頃のワクワク感

 京都の中心部、京阪電鉄・祇園四条駅から徒歩1分の雑居ビル9階。フロアの中心部にはベッドを囲うように木製の大きな本棚が据えられ、選書のセンスの良さで知られる書店「恵文社一乗寺店」(京都市左京区)が選んだ小説や漫画、写真集、哲学書、ガイド本など幅広いジャンルの約3300冊がそろう。宿泊客はソファでゆったりとくつろぎながら本を読め、寝るときには本棚をくぐってベッドに入るという趣向だ。

 不動産仲介を手がける「アールストア」(東京都)が運営し、昨年11月にオープンした東京・池袋に次ぐ2店目。カプセルホテルなどと同じ「簡易宿所」で、本の販売はしない。カーテンで仕切られた部屋は照明器具とコンセントなどがあるだけのシンプルな空間だが、同社広報部長の力丸聡さん(35)は「子供の頃、自分だけの空間として楽しんだ押し入れの中にいるようだと好評です」と笑顔を見せる。

(次ページに動画)客の大半は若者…女性や外国人に人気、そして

このニュースの写真

  • 本好き本望、本棚で寝落ち…祇園に「泊まれる本屋」
  • 本好き本望、本棚で寝落ち…祇園に「泊まれる本屋」
  • 本好き本望、本棚で寝落ち…祇園に「泊まれる本屋」
  • 本好き本望、本棚で寝落ち…祇園に「泊まれる本屋」

関連ニュース

【芸能考察】トランプ氏勝利、メタリカ新作「ハードワイアード」5位…恐るべし“隠れファン”

「産経WEST」のランキング