産経WEST

女性スマホ遠隔操作ソフト…金沢大55歳の助教を略式起訴、罰金

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


女性スマホ遠隔操作ソフト…金沢大55歳の助教を略式起訴、罰金

 知人女性のスマートフォンに遠隔操作のためのプログラムをインストールしたとして、富山区検は30日までに、不正指令電磁的記録供用の罪で、金沢大医薬保健研究域の尾崎聡助教(55)を略式起訴した。29日付。富山簡裁は29日、罰金30万円の略式命令を出した。

 富山区検によると、尾崎助教は女性のスマホを無断で操作し、画像ファイルや位置情報を送らせるプログラムをインストールし、設定したとしている。

 金沢大は「本人から詳しい事情を聴いて処分を決めたい」としている。

関連ニュース

【衝撃事件の核心】「身を切る改革」が聞いてあきれる元維新市議の末路 整骨院で施術でっち上げ、地元に残る〝ほぐせぬシコリ〟

「産経WEST」のランキング