産経WEST

集団登校の列に車、小学生2人けが…「まぶしく前見えなかった」35歳会社員逮捕 福井

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


集団登校の列に車、小学生2人けが…「まぶしく前見えなかった」35歳会社員逮捕 福井

 30日午前7時15分ごろ、福井県坂井市春江町の市道で、集団登校中の小学児童6人の列に軽乗用車が突っ込み、同市の小学5年生の女児(11)にぶつかった。女児と、並んで歩いていて巻き込まれた5年生の男児(10)の計2人が顔などに軽傷を負った。坂井市教育委員会によると、6人は近くの市立大石小の児童だった。

 坂井署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、同市春江町、会社員、高橋克弥容疑者(35)を現行犯逮捕した。同署によると、高橋容疑者は通勤途中で「フロントガラスが曇っていて、まぶしかったので前がよく見えなかった」と供述しているという。

 市道はセンターラインがなく幅は約5・1メートル。6人が2列になって道路の左端を歩いていると、前から車が突っ込んできた。同署が詳しい事故の状況を調べている。

 現場近くに住む70代男性は「ドーンという音がしたので振り向くと、女の子があおむけに倒れて泣いていた。急いで救急車を呼んだ」と話した。

 現場は、えちぜん鉄道西長田駅から北西に約1・2キロで住宅と田んぼが混在する地域。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング