産経WEST

特産の花崗岩ダイヤ「庵治石」で新春の干支を…高松市で酉の置物発売

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


特産の花崗岩ダイヤ「庵治石」で新春の干支を…高松市で酉の置物発売

来年の干支「酉」が描かれた庵治石製の置物など(純愛の聖地庵治・観光交流館提供) 来年の干支「酉」が描かれた庵治石製の置物など(純愛の聖地庵治・観光交流館提供)

 高級石材の産地として知られる高松市庵治(あじ)町の魅力を発信している「純愛の聖地庵治・観光交流館」は、特産の庵治石に来年の干支「酉(とり)」をデザインした置物を発売した。

 花崗(かこう)岩のダイヤともいわれる庵治石をさまざまな形で発信し認知度を高めようと、地元の石材職人らが企画。石材にレーザー彫刻で絵柄をあしらい、磨きや梱包は地元の障害者施設に委託した。

 置物は円形の「庵治石ゆらゆら」の中(直径8センチ、3800円)と小(同5センチ、2600円)、円形で下部がアーチ状になったタイプ(同10センチ、7100円)の3種類。そのほかペーパーウエートクリップ(同5センチ、1500円)も用意した。

 同館の滝内志保館長は「庵治石のつるつるとした光沢や質感を置物で手軽に楽しんでほしい」とPRしている。問い合わせは同館((電)087・871・1700)。

関連ニュース

来年の干支、ニワトリの置物作り最盛期 滋賀・信楽町の窯元

「産経WEST」のランキング