産経WEST

【歌劇な人々】手抜きなし、常に全力の“男役スターのキング”轟悠、-宙組「双頭の鷲」で魅せた一路真輝の教え

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【歌劇な人々】
手抜きなし、常に全力の“男役スターのキング”轟悠、-宙組「双頭の鷲」で魅せた一路真輝の教え

主演舞台を語る宝塚歌劇団の理事で専科スターの轟悠 主演舞台を語る宝塚歌劇団の理事で専科スターの轟悠

 宝塚歌劇団の理事で専科スター、轟悠(とどろき)主演の宙(そら)組公演「双頭の鷲」(脚本・演出、植田景子氏)が兵庫・宝塚バウホールで上演されている(12月3日まで)。ジャン・コクトーの戯曲をもとにしたミュージカル。轟は「孤独と破滅、そして愛を表現したい」と語る。神奈川・KAAT神奈川芸術劇場は12月9日~15日。

 宝塚の象徴ともいえる“男役スターのキング”。今回相手役を務める宙組娘役トップの実咲凛音(みさき・りおん)と床に横たわる今作の官能的なポスターにも男の色香が漂う。「モノトーンをテーマにした世界観で撮りました。舞台のセットも透明と白色が基調で心情によって“色”が見えるんです」と笑顔で話す。

 婚礼の夜に暗殺された国王10年目の命日に、王妃(実咲)の部屋へ、王妃暗殺の機会を狙う無政府主義者、スタニスラス(轟)がケガを負い、逃げ込んでくる。孤独に生きる2人は瞬時に惹かれ合うが…。

 原作の戯曲は、コクトーが皇后エリザベートの暗殺事件から着想して書かれた。王妃と暗殺者、という構図は、宝塚の代表作の1つ「エリザベート」と似た部分を感じるという。「大きく違うのは、スタニスラスには王妃への愛がある。詩的な表現もあり、くすぐったいですが(笑)、舞台で観客を引き込んでいけたら」

 轟は日本初演となった1996年の宝塚雪組公演「エリザベート」で、皇后を暗殺するルキーニを演じた。当時の同組トップ、一路真輝(いちろ・まき)のもと、「自由にやらせてもらった。あの役で、共演者を感じながら、自分がどうあるべきかを教えられた」と振り返る。

続きを読む

このニュースの写真

  • 手抜きなし、常に全力の“男役スターのキング”轟悠、-宙組「双頭の鷲」で魅せた一路真輝の教え

関連ニュース

【宝塚歌劇団】綺城ひか理「明日海さん助言いただき…花組の魅力、もがいて表現」、同期の城妃美伶も笑顔 新公『金色の砂漠』

「産経WEST」のランキング