産経WEST

〝島おこしアプリ〟開発作戦…広島・尾道が全国3カ所のモデル地域の一つに

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


〝島おこしアプリ〟開発作戦…広島・尾道が全国3カ所のモデル地域の一つに

 全国各地域が発信する観光情報を使いやすくしようという国の事業のうち、地域おこしにつながるスマートフォンアプリの開発について、尾道市が全国3カ所のモデル地域の一つに選ばれた。尾道での開発テーマは、市内の島々を盛り上げる“しまおこし”。公募で選ばれたシステムエンジニアやデザイナーらが12月に市内で1泊2日の“合宿”をしてアイデアを練り、新しいアプリを完成させる。

 開発するスマホアプリの活用により、観光面の弱点を補うことや逆に長所を伸ばすことなどを想定。土地勘のない観光客でもフェリーやバスなどがスムーズに利用できる時刻表つきマップや、地元民お薦めのグルメ、絶景スポット、サイクリングルートなどの検索機能、さらにそれらの多言語対応機能といった内容が考えられる。

続きを読む

関連ニュース

「欅坂46」が京都市の公式無料アプリをPR

「産経WEST」のランキング