産経WEST

「小浜舞鶴ルート案は採算性が最も悪い?」北陸新幹線延伸問題、京都商工所は苦渋…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「小浜舞鶴ルート案は採算性が最も悪い?」北陸新幹線延伸問題、京都商工所は苦渋…

 北陸新幹線の大阪延伸問題で、京都商工会議所の立石義雄会頭(オムロン名誉会長)は29日の定例会見で、与党が年内にも決定する延伸ルート案について、「政治的に決定したら、従わざるを得ない。最終的に『小浜・京都・大阪ルート』なら、やむを得ない」という考えを示した。

 同ルートは福井県小浜市から南下し京都経由で新大阪に至る。だが、京商は、小浜市から舞鶴市を経由し京都駅へつながる「小浜舞鶴ルート」を推す立場を取ってきた。舞鶴港がロシアや中国などとの旅客・貿易拠点として発展が期待され、日本海側の国土軸充実に欠かせないためだ。

 ただ、国土交通省が小浜舞鶴ルート案は採算性が最も悪いとした試算結果もあり、京商側の発言はトーンダウンした格好だ。

 北陸新幹線をめぐっては、京都と大阪をつなぐ南北新ルート2案も検討されているが、立石会頭は、府南部のけいはんな地区を経由する「南ルート」案に対し、「リニア中央新幹線(の新駅)との結節点でないと、あまり意味合いがなくなってくる」と述べた。

関連ニュース

異なる試算結果のなぜ? 滋賀「米原ルート」国「小浜京都ルート」…北陸新幹線敦賀以西ルート

「産経WEST」のランキング