産経WEST

滋賀芸人「ファミリーレストラン」が農園開始

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


滋賀芸人「ファミリーレストラン」が農園開始

ラディッシュの種をまく、滋賀県住みます芸人の「ファミリーレストラン」=23日、守山市 ラディッシュの種をまく、滋賀県住みます芸人の「ファミリーレストラン」=23日、守山市

 吉本興業が展開している地域活性化プロジェクトの「滋賀県住みます芸人」で、同県守山市の「守山ふるさと大使」も務めるお笑いコンビ「ファミリーレストラン」が、同市洲本町のJAおうみ冨士ファーマーズマーケット「おうみんち」の農園で野菜作りに挑戦した。収穫した野菜は県内のイベントなどで販売し、守山産の野菜をPRする。

 ふるさと納税の返礼品に「モリヤマメロン」を取り入れるなど、地元特産品の消費、PRに力を入れる同市の取り組みを後押しする狙い。

 コンビを組む下林朋央さんと原田良也さんの2人は、「おうみんち」で貸し出している農園の一区画を借り受け、ラディッシュの植え付けに挑戦。「おうみんち」職員の指導を受けながら、種をまいたり水をまいたりした。1カ月程度で収穫できるという。

 2人は「農作業は初めてだったので、どんな風に育つかワクワクする。ファンと一緒に収穫イベントなどをやってみたい」などと話していた。

関連ニュース

「来てな~待っとるけ~!」 瀧本美織が「とっとりふるさと大使」初仕事

「産経WEST」のランキング