産経WEST

〝股のぞき〟の本場で講演! イグ・ノーベル賞受賞の東山篤規教授が天橋立の地・宮津市で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


〝股のぞき〟の本場で講演! イグ・ノーベル賞受賞の東山篤規教授が天橋立の地・宮津市で

天橋立の股のぞきについて話す東山篤規教授=宮津市鶴賀 天橋立の股のぞきについて話す東山篤規教授=宮津市鶴賀

 股(また)のぞきをすると、風景が変化してみえる「股のぞき効果」の研究で、第26回イグ・ノーベル賞知覚賞を受賞した立命館大学文学部の東山篤規教授(65)が、股のぞきの本場・天橋立のある宮津市で講演し、約200人の市民らが講演に聞き入った。

 講演は同市観光推進会議が主催。同市鶴賀のみやづ歴史の館で行われた。東山教授は約20年前、見る人の姿勢によって物の見える様子が違うことに気づいて研究を続け、股のぞきでは風景の奥行き感がなくなり、平面的な絵のように見えることなどを突き止めた。

 東山教授は「知覚心理学から見えてくる天橋立『股のぞき』」をテーマに講演。研究結果から、天橋立を見下ろせる場所で股のぞきをすると、海が空に、マツの木が橋を支える杭(くい)に見え、天橋立が空にかかる橋を描いた絵のように見えると話した。

 ただし、「今はマツの木が多すぎて、橋の杭に見えない。空に橋がかかっているように見えるためには木の数を減らす必要があるのでは」と指摘。「天橋立が見下ろせる公園に行っても、股のぞきについての解説文が見当たらない。これでは観光客が当惑するのも当然。股のぞきをすると、何がどう見えるのかの説明が必要だろう」などと提言した。

 講演会に先立ち、「股のぞきの知名度を世界的に広めた」などとして、同市の井上正嗣市長から東山教授に感謝状が贈られた。

関連トピックス

関連ニュース

【イグ・ノーベル賞】いよいよベールを脱ぐ「股のぞき」の世界 10月20日に東山教授が一般向けに講演会

「産経WEST」のランキング