産経WEST

給料未払い、被害総額2億8千万円…兵庫・洲本の運送業者を書類送検 淡路労基署

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


給料未払い、被害総額2億8千万円…兵庫・洲本の運送業者を書類送検 淡路労基署

 兵庫県の最低賃金以上の給料を社員に支払わなかったとして、淡路労働基準監督署は29日、最低賃金法違反容疑で運送業「淡路貨物自動車」(洲本市物部)と同社の男性社長(83)を神戸地検に書類送検した。同社では約10年前から給料の支払いが遅れることが続いており、男性社長は「努力したが未払い状態を解決できなかった」と容疑を認めているという。

 書類送検容疑は、平成25年12月から27年10月の間で、社員10人に対し最低賃金である計約1970万円のうち約1680万円を所定期日までに支払わなかったとしている。

 同署によると、同社は昨年11月に事実上倒産したが、その時点で117人分の給料と72人の退職金が未払いの状態で、被害総額は計約2億8千万円となるという。

関連ニュース

「民進党は給料泥棒」維新の松井代表 山本大臣には「すかたんな発言」と苦言も

「産経WEST」のランキング