産経WEST

初売り福袋で絵画モデルに 32万4千円 名古屋も体験型が柱

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


初売り福袋で絵画モデルに 32万4千円 名古屋も体験型が柱

絵画のモデルになれるなど、体験型福袋の内容をPRする名古屋三越の店員=29日、名古屋市 絵画のモデルになれるなど、体験型福袋の内容をPRする名古屋三越の店員=29日、名古屋市

 名古屋市の主要百貨店が平成29年の初売りに向け、福袋の準備を始めている。絵画モデルなど「体験型」を柱に据えており、名古屋市で来年4月に開業するテーマパーク「レゴランド・ジャパン」や、プロ野球中日ドラゴンズと連携した地域密着の企画も目立つ。

 名古屋三越は29日、若手作家が描く絵画のモデルになれる32万4千円の福袋を目玉として、報道関係者に披露した。衣料品の不振が続く中、東京の百貨店大手でも体験型福袋が増えており、名古屋三越の担当者は「ニーズを掘り起こすためアイデアを出していきたい」と話す。

 ジェイアール名古屋高島屋は、レゴランドの開業前の来年3月に入場できるチケットを用意し、年間パスポートなどとセットで8万円。松坂屋は小中学生を対象に来春のドラゴンズのオープン戦で始球式を、名鉄百貨店は小学生向けに和菓子作りをそれぞれ体験できる福袋を提供する。

 各社の来年の初売りは1月2日。名古屋三越は3日を予定している。

関連ニュース

来年は酉年「もずやん」との年賀状写真の撮影がスタート

「産経WEST」のランキング