産経WEST

石川の沖合に10メートルの木造船

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


石川の沖合に10メートルの木造船

 29日午後2時ごろ、石川県珠洲市馬緤町の防波堤で釣りをしていた50代の男性が沖合約100メートルの海上に木造船が漂流しているのを見つけ第9管区海上保安本部(新潟)に118番した。

 能登海上保安署によると、木造船は黒色で長さ約10メートル、幅約2メートル。船体が右に傾いた状態で岩場に乗り上げていた。付近に遺留品などは漂流していなかった。海上保安部は30日にも木造船を回収し船体を詳しく調べる。

関連ニュース

漂流船から4遺体収容 石川沖、ハングルも

「産経WEST」のランキング