産経WEST

1歳男児の心臓移植で、両親ら募金呼び掛け 京都

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


1歳男児の心臓移植で、両親ら募金呼び掛け 京都

拡張型心筋症と診断され、病院で闘病中の後一尊ちゃん(両親提供) 拡張型心筋症と診断され、病院で闘病中の後一尊ちゃん(両親提供)

 心臓の機能が低下する拡張型心筋症と診断された京都府福知山市の後一尊ちゃん(1)の両親と主治医らが29日、京都府庁で記者会見し、米国での心臓移植手術に必要な渡航費や手術費など計3億2千万円を集めるため、募金への協力を呼び掛けた。

 両親によると、尊ちゃんは今年1月、自宅で突然顔や手足が真っ青になり嘔吐。病院で拡張型心筋症と診断され、3月に小児用の補助人工心臓を装着し、大阪府内の病院で闘病を続けている。

 国内での移植がほぼ見込めないため、海外での移植を決めたという母美優紀さん(26)は、会見で「一日でも早く家族が一緒に過ごすため支援をお願いします」と訴えた。

 「たけるくんを救う会」のアドレスはhttp://www.takeru-sukuukai.com

関連ニュース

花愛ちゃん募金の目標額達成 心臓移植で来月渡米へ

「産経WEST」のランキング