産経WEST

データ改竄再発防止へ…東洋ゴム、特別顧問に元大証社長の米田氏

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


データ改竄再発防止へ…東洋ゴム、特別顧問に元大証社長の米田氏

東洋ゴム工業の特別顧問に12月1日付で就任する米田道生氏 東洋ゴム工業の特別顧問に12月1日付で就任する米田道生氏

 東洋ゴム工業は29日、特別顧問に、元大阪証券取引所社長の米田道生氏(67)が12月1日付で就任すると発表した。免震装置ゴム、防振ゴムのデータ改竄(かいざん)問題を受け、社外から人材を招き、コーポレート・ガバナンス(企業統治)の強化を図る。

 米田氏は日本銀行出身。大証社長として平成25年に東京証券取引所との経営統合を実現した。統合後の日本取引所グループでは、取締役兼代表執行役グループ最高執行責任者(COO)を務めた。

 東洋ゴムでは昨年11月、京セラ出身の駒口克己氏が会長に就いたが、今年5月に健康上の理由から退任。再発防止策として、社外から会長または特別顧問を迎えるとしていた。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング