産経WEST

【青年市長の汚職裁判】美濃加茂市長、事前収賄は「一切事実無根だと強くお誓い…」 議会で強調

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【青年市長の汚職裁判】
美濃加茂市長、事前収賄は「一切事実無根だと強くお誓い…」 議会で強調

控訴審判決のため、名古屋高裁に入る岐阜県美濃加茂市長の藤井浩人被告=28日午後 控訴審判決のため、名古屋高裁に入る岐阜県美濃加茂市長の藤井浩人被告=28日午後

 事前収賄などの罪に問われ、名古屋高裁で1審の無罪判決を破棄する有罪判決を受けた岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長が29日、市議会本会議に出席した。控訴審判決から一夜明け、藤井市長は冒頭で「こんなことがあっていいのかと、悔しさや申し訳なさ以上に怒りがこみ上げてきた。一切事実無根だと強くお誓い申し上げる」と強調した。

 議会事務局によると、約2時間の本会議の後、全員協議会が開かれる。協議会では議会としての対応を協議し、声明をまとめる方針。

 藤井市長は市議だった平成25年に市立中学校の浄水設備導入をめぐり、業者から計30万円を受け取ったとして26年7月に起訴された。1審名古屋地裁は27年3月、藤井市長に無罪を言い渡したが、名古屋高裁は1審判決を破棄し有罪判決を出した。

関連ニュース

【青年市長の汚職裁判】藤井・美濃加茂市長に逆転有罪判決、一審無罪を破棄 争点の贈賄側証言について「相当の信用性」 名古屋高裁

「産経WEST」のランキング