産経WEST

アフリカツメガエルいつのまにか淡路島に定着…生態系に悪影響、兵庫県ブラックリスト入り

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


アフリカツメガエルいつのまにか淡路島に定着…生態系に悪影響、兵庫県ブラックリスト入り

兵庫県淡路市で発見されたアフリカツメガエル(神戸市立須磨海浜水族園の東口信行さん提供) 兵庫県淡路市で発見されたアフリカツメガエル(神戸市立須磨海浜水族園の東口信行さん提供)

六甲山のブナ群落も引き上げ

 絶滅の危険性がある生物を記載した「県版レッドリスト」では、神戸市北区有馬町六甲山のブナ群落について、山頂付近で近年種子ができておらず、より危険性が高まったとしてランクをBからAに引き上げた。さらに同市灘区と東灘区、西宮市、芦屋市の一体で保全する必要があるとしてエリアを拡大した。

 地質関係では、24年に恐竜「小型獣脚類」や角竜の化石が見つかった篠山市西古佐の県立丹波並木道中央公園(篠山層群)をAランクに追加した。

関連ニュース

フェラーリ70台、淡路島を駆ける

「産経WEST」のランキング