産経WEST

【青年市長の汚職裁判】藤井浩人被告の判決要旨「業者の証言は具体的かつ詳細」 名古屋高裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【青年市長の汚職裁判】
藤井浩人被告の判決要旨「業者の証言は具体的かつ詳細」 名古屋高裁

 【市長の供述】

 業者から現金を受け取ったことはないと明確に否定する一方、授受があったとされる場面について、曖昧もしくは不自然と評価されるような供述をしている。多忙な中でわざわざ時間をつくって業者と会ったのに、目的や話した内容、渡された資料などについて具体的な記憶がないと供述しているのはやや不自然との感は免れない。

 現金授受の有無と密接に関わる事実関係について、曖昧で、不自然な供述に終始しており、記憶の通りに真摯に供述しているのか疑問を抱かざるを得ない。

 【量刑の理由】

 市長から賄賂を要求したのではなく、受け取った額は多くはないが、公職者としてあまりにも安易に犯行に及んでおり、国民の信頼を失墜させる犯行だ。

関連ニュース

【青年市長の汚職裁判】藤井・美濃加茂市長に逆転有罪判決、一審無罪を破棄 争点の贈賄側証言について「相当の信用性」 名古屋高裁

「産経WEST」のランキング