産経WEST

沖縄沖で韓国漁船拿捕、船長を逮捕 日本の排他的経済水域内で無許可操業の疑い

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


沖縄沖で韓国漁船拿捕、船長を逮捕 日本の排他的経済水域内で無許可操業の疑い

 水産庁九州漁業調整事務所(福岡市)は28日、日本の排他的経済水域(EEZ)で許可を受けずに操業したとして漁業主権法違反の疑いで、韓国のはえ縄漁船「2008ヨンソン」を拿捕し、オ・ミンソン船長(49)を逮捕したと発表した。拿捕、逮捕した26日中に、関係者から担保金の支払いを保証する書面の提出を受けたため釈放した。

 逮捕容疑は25日午後1時ごろ、沖縄県久米島町の久米島灯台から西北西約283キロの日本のEEZで許可を得ずに操業した疑い。

 同事務所は27日、長崎県対馬市沖のEEZでも無許可操業があったとして、韓国のイカ釣り漁船「103テサム」を拿捕し、李平海船長(52)を現行犯逮捕した。

関連ニュース

【メガプレミアム】中国“植民地”と化す韓国・済州島 島民感情は「不安」から「恐怖」へ 不動産“爆買い”の本当の狙い

「産経WEST」のランキング